トップへ » 当院の治療メニュー » 根管治療 » 具体的な治療方法は?

具体的な治療方法は?

根管治療初期の虫歯なら、患部を削って詰め物をすることで症状は改善されます。ですが、虫歯が神経にまで達して炎症が起きている場合には、麻酔をして歯を大きく深く削り、根管治療を行う必要があります。

具体的には、歯の神経が入っていた部分(根管)を、専用の器具を使ってきれいに洗浄した後に、薬や詰め物を詰めてから被せ物をします。この際、虫歯が完全に取り切れていないと再発してしまうので、再発を防ぐには、丁寧、かつ綿密な処置が大切。つまり、根管治療には高度な歯科技術が必要なのです。

治療の手順や通院期間は、患者さまの歯の状態によって異なります。また、治療中の痛みを気にされる方もいらっしゃるかも知れませんが、しっかり麻酔を効かせた上で処理を行いますので、痛みはほとんどありません。ご安心ください。


トップへ » 当院の治療メニュー » 根管治療 » 具体的な治療方法は?


PAGE TOP