トップへ » 当院の治療メニュー » 入れ歯治療 » 「不具合」「不快感」を放置すると、全身に悪い影響を及ぼします

「不具合」「不快感」を放置すると、全身に悪い影響を及ぼします

入れ歯治療入れ歯は自分の歯とは違うので、多少は違和感があるものです。総入れ歯となると、自分の歯のときに比べて噛む力がかなり弱くなり、特に、固いものなどを食べる時などにはストレスを感じることが多いものです。

しかし、入れ歯を作ってから年月が立ち、入れ歯自体に不具合が生じている場合や、体が痩せたり太ったりしたことなどによって口腔内の状況が変わり、作った当初は小さかった違和感が、どんどん大きくなっていったり...という場合は要注意です。

噛み合わせが悪いまま使い続けると・・・
入れ歯の不具合を我慢し、噛み合わせが悪いまま使い続けると、顎関節症や頸椎・胸椎・腰椎等の脊柱に障害(椎間板変形による神経障害など)を及ぼすことも。食事を美味しく召し上がるためだけでなく、全身の健康のためにも、きちんと噛み合った入れ歯をお使いになることが大切です。

当院では、患者さまのご要望をじっくりと伺った上で、しっかり噛めて外れにくい入れ歯づくりを心がけていますので、入れ歯に関するお悩みをお持ちの方は、ぜひ、ご相談ください。


トップへ » 当院の治療メニュー » 入れ歯治療 » 「不具合」「不快感」を放置すると、全身に悪い影響を及ぼします


PAGE TOP