トップへ » 当院の治療メニュー » 入れ歯治療 » 【当院のお勧め】オーバーデンチャー

【当院のお勧め】オーバーデンチャー

オーバーデンチャーオーバーデンチャーとは、現存した歯やインプラントの上に入れ歯を製作していく方法。つまり、通常の入れ歯は、あごの内側の粘膜で支える作りですが、オーバーデンチャーは入れ歯でありながら、歯やインプラントで支える作りなのです。

この違いによって、粘膜だけで支える通常の入れ歯よりも支持性が上がり、「何でも良く噛める。噛む力が強くなる」というのが最大の利点。また、総入れ歯から部分入れ歯まで、適用範囲が広いことや、構造がシンプルなので長期的な使用に際して修理がしやすい点も、ご利用者が増えている理由です。

オーバーデンチャーのメリットとデメリット
<オーバーデンチャーのメリット>
・入れ歯を支える力が大きいので何でもよく噛める
・粘膜の負担や歯槽骨の吸収が抑えられ、長期に渡り入れ歯が安定する
・広い範囲に適用出来る
・構造がシンプルで修理しやすい
・取り外し出来るので残存歯の歯磨きがしやすい

<オーバーデンチャーのデメリット>
・噛む力が強くなるので人工歯が消耗しやすい
・粘膜の負担が軽減される反面、入れ歯を支える歯やインプラントに負担がかかる
・構造的には総入れ歯となる
・清掃の際は入れ歯を外す必要がある
・入れ歯の下になる現存歯やインプラントのケアが必要


トップへ » 当院の治療メニュー » 入れ歯治療 » 【当院のお勧め】オーバーデンチャー


PAGE TOP