トップへ » 当院の治療メニュー » 歯周病治療 » 歯周病と全身疾患との関係

歯周病と全身疾患との関係

歯周病の進行と治療方法歯周病は、歯がグラグラしてきて、最終的には抜け落ちてしまう「歯の病気」です。しかし最近では、歯周病が全身疾患に与える悪影響も指摘されています。歯が抜けるだけに止まらず、命に関わる要因にもなりかねないことを認識し、しっかり予防するよう心がけましょう。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)との関係
寝たきりや高齢によって免疫力や抵抗力が落ちていると、口腔内に大量の歯周病菌が発生し、誤嚥性肺炎を発症することがあります。

早産や低体重児との関係
歯周病菌による口腔内の炎症が血管を通して全身に回り、羊水にまで影響すると、結果的に、早産や低体重児の原因のひとつになることがわかっています。

心臓発作(心筋梗塞)
歯周病が重度になると、歯周病菌が血管内にまで入り込み、血液の流れによって全身の臓器に侵入します。現在、歯周病菌の一種に、血栓(血のかたまり)を作る作用があることが証明されていて、それが心臓の血管を詰まらせると、心臓発作を引き起こすとされています。

歯周病と糖尿病
「糖尿病の人は歯周病に対する抵抗力が弱く、歯周病に感染しやすく進行も早い」と言われています。また、歯周病菌が糖代謝のコントロールに影響を及ぼすと、血糖値のコントロールが難しくなり、相互に悪影響を与え合ってしまうので注意が必要です。


トップへ » 当院の治療メニュー » 歯周病治療 » 歯周病と全身疾患との関係


PAGE TOP