トップへ » 当院の治療メニュー » インプラント » 従来の治療とインプラントの比較

従来の治療とインプラントの比較

歯を失ってしまった場合の修復法として、従来から利用されているものには、クラウンやブリッジ、取り外し式の部分的な入れ歯、総入れ歯などがあります。当院でも、こういった治療を行っていますし、有益であると考えます。しかし、ケースによってはデメリットもあります。

クラウンやブリッジ、入れ歯のデメリットは?
例えば、こうした代用物を口の中に確実に固定させるために、隣りの健康な歯を削らなければならないといった場合などです。また、従来の方法では、失われた歯根は回復しませんので、歯がなくなることによって出来たあごの骨の空洞は残ったままで、その空洞があるために、やがては顎骨が萎縮する危険がありました。

骨が萎縮すると、入れ歯等をきちんとフィットさせることが難しくなり、十分には機能しなくなる場合があったのです。そういった点から、インプラントと従来の治療の特徴を比較すると、下記のようになります。

歯が一本抜けた場合の治療の比較従来の治療とインプラントの比較
●従来の治療→周りの健康な歯を削ってブリッジにします

●インプラントでの治療→健康な歯をまったく削ることなく、歯のない部分にインプラントを入れます

歯が数本抜けた場合の治療の比較従来の治療とインプラントの比較
●従来の治療→入れ歯を固定するための針金が、見た目にも機能的にも不快です

●インプラントでの治療→針金付きの入れ歯ではなく、歯のない部分に適切な数のインプラントを入れ、固定式の人口歯を取り付けます

歯が全部抜けた場合の治療の比較従来の治療とインプラントの比較
●従来の治療→入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛かったりします

●インプラントでの治療→数本のインプラントを入れて、入れ歯の固定源となる維持装置を取り付けます

<インプラント治療の利点>
・取り外し式の入れ歯ではなく、固定式の入れ歯を入れることが出来る
・取り外し式の入れ歯の場合でも、インプラント上にしっかりと固定出来る
・天然の歯とほとんど同じ感覚で噛める
・自然な外観や表情を取り戻すことが出来るので、人前での使用も気にならない
・噛む機能が回復することで食べ物の制限がなくなり、バランスの良い食事が楽しめる


トップへ » 当院の治療メニュー » インプラント » 従来の治療とインプラントの比較


PAGE TOP