トップへ » 当院の治療メニュー » インプラント » インプラントに装着する人工歯の種類と装着方法

インプラントに装着する人工歯の種類と装着方法

インプラントの上に人工歯を装着するには、大きく分けて下記の3種類の方法があります。

インプラントに完全に固定する方法インプラント治療の流れ
セラミックなどで制作した人工歯を、インプラントのヘッドにセメントを用いて接着する。

利点:よく噛める。ネジ穴がないので見た目がきれい
欠点:歯が欠けるなどのトラブルが起きた際は、上部構造を壊してしまわないと取り外せない(インプラント本体には影響ありません)

インプラントの上にネジで固定する方法
インプラントのヘッドと人工歯をネジで固定する。

利点:定期検診などの時に歯科医院で外してもらい、インプラントと歯肉の境目をクリーニングして清潔にすることが出来る
欠点:ネジ穴が見えてしまう場合がある

インプラントを土台として入れ歯を装着する方法インプラント治療の流れ
インプラントのヘッドに棒状または球状の維持装置を取り付け、それを土台として入れ歯を固定する。

※従来の入れ歯の替わりになりますが、入れ歯がズレることがなく、よりしっかりと土台に固定されます。

利点:1本ずつ歯を固定するより安価
欠点:毎日取り外してきれいに洗浄しなければならない


トップへ » 当院の治療メニュー » インプラント » インプラントに装着する人工歯の種類と装着方法


PAGE TOP