トップへ » 当院の治療メニュー » インプラント » メンテナンスでインプラントを長持ちさせる

メンテナンスでインプラントを長持ちさせる

インプラントインプラントに人工歯が装着された時点で、治療は一応終了です。しかし、大切なのはその後です。インプラントを長期に渡って機能させるためには、しっかりとしたメンテナンスを心がけてください。

最も重要なホームケアは、言うまでもなく歯みがきです。「食べたらすぐにみがく」を心がけ、毎日念入りに、指導された正しいブラッシングを行いましょう。

そして、医師の指示に従って、必ず定期的に検診を受けましょう。インプラントには神経がありませんので、例えば細菌に感染したとしても、初期段階で自覚するのは難しいでしょう。グラグラ動いたり、膿が出るようになってから気付いたのでは手遅れです。

検診では、インプラントの状態、歯肉の状態、噛み合わせのバランスなどをチェックするとともに、専門家(歯科衛生士)による歯のお手入れも行いますので、さまざまな病気の予防にもなります。

また、定期検診を受けるときは、インプラントを入れた歯科医に診てもらうのがベストです。あなたのインプラントのこと、骨の状態、歯肉の状態、お口の中全体のことなど、インプラント手術を通じての情報は、治療を行った医師が一番分かっているからです。


トップへ » 当院の治療メニュー » インプラント » メンテナンスでインプラントを長持ちさせる


PAGE TOP