トップへ » 当院の治療メニュー » 虫歯治療 » 歯は、削らないに越したことはありません

歯は、削らないに越したことはありません

一般歯科どんなに素晴らしい材料で、素晴らしい治療を行ったとしても、元のご自分の歯に勝るものはありません。また、歯を削り、詰めたり被せたりという治療をするということは、ご自分の歯と人工物の間に境界線が出来るということになります。

お口の中には細菌が多く存在し、常にそれらに侵食される危険と隣り合わせです。そんな中、自分の歯と人工物の境界線というのは、汚れが付着しやすかったり、他の部分より脆くなったりしがちですから、歯は、削らずに済むのであれば、削らない方が良いのです。

削ることは「最終手段」
しかし、どうしても治療が必要な場合ももちろんあります。そういう場合でも、「とりあえず削る」のではなく、「削るのは最終手段」として考え、まずは「削らずに行える治療で歯の延命を考える」ということにも大きな意味があると思います。

ですので、患者さまの方でも「お任せします」と医師に一任するのではなく、歯・歯ぐき・噛み合わせ・癖・期間・費用などを、医師と一緒にしっかりと考え、相談した上で治療を進めていくことをお勧めします。


トップへ » 当院の治療メニュー » 虫歯治療 » 歯は、削らないに越したことはありません


PAGE TOP