トップへ » 当院の治療メニュー » 歯周病治療

【歯周病の基礎知識】歯周病は国民病のひとつです

歯周病の基礎知識

あなたは、「自分は歯周病ではない!」と自信を持って言い切れますか? 実は、近年の厚生労働省の調査では「日本人の成人の約8割が歯周病に感染している」と報告されていて、歯周病はもはや、国民病のひとつとなのです。

その歯周病の主な原因は細菌です。お口の汚れや歯垢が石灰化して歯石に変わると、歯と歯肉の間にある「歯周ポケット」と呼ばれる溝が深くなり、細菌の温床になってしまうため、歯周病の危険度は一気に高まります。

細菌によって歯肉が炎症を起こし、それが歯周ポケットの奥深くまで広がると、歯根膜や歯槽骨までが細菌によって溶かされ、歯を支えきれなくなってきます。つまり、治療をせずに放置してしまうと、最終的に歯を失ってしまうことになりかねません。

歯周病は、静かに進行していく病気です

歯周病感染していても症状を感じにくいため、知らず知らずのうちに静かに進行してしまうのが歯周病の特徴です。特に初期段階では、これといった症状がほとんどありません。

そのため、歯ぐきの腫れや出血といった自覚症状が現れたころには、歯の周りの組織が細菌によってかなり破壊されていて、手遅れになってしまうケースがほとんどなのです。そうなる前に、早期発見・早期治療で、大切な歯を歯周病から守りましょう。

●こんな方はぜひ歯周病治療を!
・歯ぐきから血が出る
・歯肉が腫れている
・口臭が気になる
・歯ぐきが痩せて歯がグラグラしている

歯周病と全身疾患との関係

歯周病の進行と治療方法歯周病は、歯がグラグラしてきて、最終的には抜け落ちてしまう「歯の病気」です。しかし最近では、歯周病が全身疾患に与える悪影響も指摘されています。歯が抜けるだけに止まらず、命に関わる要因にもなりかねないことを認識し、しっかり予防するよう心がけましょう。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)との関係
寝たきりや高齢によって免疫力や抵抗力が落ちていると、口腔内に大量の歯周病菌が発生し、誤嚥性肺炎を発症することがあります。

早産や低体重児との関係
歯周病菌による口腔内の炎症が血管を通して全身に回り、羊水にまで影響すると、結果的に、早産や低体重児の原因のひとつになることがわかっています。

心臓発作(心筋梗塞)
歯周病が重度になると、歯周病菌が血管内にまで入り込み、血液の流れによって全身の臓器に侵入します。現在、歯周病菌の一種に、血栓(血のかたまり)を作る作用があることが証明されていて、それが心臓の血管を詰まらせると、心臓発作を引き起こすとされています。

歯周病と糖尿病
「糖尿病の人は歯周病に対する抵抗力が弱く、歯周病に感染しやすく進行も早い」と言われています。また、歯周病菌が糖代謝のコントロールに影響を及ぼすと、血糖値のコントロールが難しくなり、相互に悪影響を与え合ってしまうので注意が必要です。

歯周病の進行と治療方法について

歯周病の進行と治療方法歯肉炎
歯と歯ぐきの間にある溝にプラーク(歯垢)が蓄積されたことによって、歯ぐきに炎症が起きてしまうのが歯肉炎です。また、溜まったプラークと炎症で溝がさらに広がると、歯周ポケットが出来てしまいます。

【治療方法】
・丁寧なブラッシングでプラークを落とす
・歯石がついている場合には歯石を除去する
・歯科衛生士が行う専門的な歯のクリーニングで治療効果を高めることも有効
※歯肉炎や歯周病を早期発見するためには、3か月に1度の定期検診をお勧めします。

歯周病の進行と治療方法軽度歯周病
歯肉炎が進行して、歯周ポケットの深さが3~4mm程度になった状態。歯周ポケット内にプラークや歯石が溜まり、さらに炎症が広がることで、歯ぐきの色は赤みを帯びてきます。

【治療方法】
・丁寧なブラッシングにより、歯ぐきの状況を改善
・スケーリングによる歯石の除去や、歯ぐきの中のルートプレーニング
・歯科衛生士による、専門的な歯のクリーニングPMTCも有効

歯周病の進行と治療方法中等度歯周病
炎症がかなり進み、歯周ポケットの深さが4~6mm程度になってしまった状態。この段階では、歯ぐきの腫れや出血といった自覚症状が現れはじめ、歯槽骨の吸収も進行して歯を支える力が弱まるため、歯を指で押すと動きます。

【治療方法】
・丁寧なブラッシングにより、歯ぐきの状況を改善
・スケーリングによる歯石の除去や、歯ぐきの中のルートプレーニング
・歯科衛生士による、専門的な歯のクリーニングPMTCも有効
・炎症の度合いが重い場合は、歯周外科を行うケースも

歯周病の進行と治療方法重度歯周病
中等度歯周病よりもさらに炎症が進行し、定期的に歯ぐきが腫れ、強い痛みが現れる状態です。

【治療方法】
・完治させるのは非常に困難
・歯を保存出来る状態であれば、歯周外科手術や再生療法を行う
・残念ながら、抜歯となる場合も


トップへ » 当院の治療メニュー » 歯周病治療


PAGE TOP