トップへ » 当院の治療メニュー » インプラント

【インプラント】差し歯や入れ歯に変わる新しい治療法

インプラント

一度失われた歯は、二度と再生しません。失われた歯を補う治療として、今までは、差し歯や入れ歯が中心でしたが、もう一つの新しい治療法として注目されているのがインプラントです。

差し歯や入れ歯にも、それぞれの良さがあります。しかし、インプラントがそれらの治療法と大きく異なる点は、直接歯ぐきに埋め込むことで、自然の歯がよみがえったような噛み心地を取り戻すことが出来る点です。

高度な技術が必要な治療。経験のある医師の元で治療を受けてください
歯ぐきに直接施術するインプラントには、不安や怖さを感じる患者さまもいらっしゃるかも知れません。しかし実際のところ、インプラントを埋めるだけであるならば、必ずしも難しい治療ではないと思います。

ただし、インプラントを埋め込んだ後の噛み合わせなど、さまざまなことを総合的に考えるならば、インプラント施術に高度な技術を要することも確かです。ですので、インプラント治療は、きちんとした実績のある歯科医院において、しっかりとした経験のある歯科医師の元で施術を受けるべきだと思います。

豊富な治療経験がある院長インプラント
当院の院長は、日本におけるインプラントの草分けといえる歯科医院で、しっかりとインプラント施術の経験を積んでまいりました。そして現在、新中野歯科クリニックにおいて、その経験と技術を活かし、インプラントに取り組んでいます。

インプラントに関する疑問や質問がおありでしたら、どうぞお気軽にご相談ください。

従来の治療とインプラントの比較

歯を失ってしまった場合の修復法として、従来から利用されているものには、クラウンやブリッジ、取り外し式の部分的な入れ歯、総入れ歯などがあります。当院でも、こういった治療を行っていますし、有益であると考えます。しかし、ケースによってはデメリットもあります。

クラウンやブリッジ、入れ歯のデメリットは?
例えば、こうした代用物を口の中に確実に固定させるために、隣りの健康な歯を削らなければならないといった場合などです。また、従来の方法では、失われた歯根は回復しませんので、歯がなくなることによって出来たあごの骨の空洞は残ったままで、その空洞があるために、やがては顎骨が萎縮する危険がありました。

骨が萎縮すると、入れ歯等をきちんとフィットさせることが難しくなり、十分には機能しなくなる場合があったのです。そういった点から、インプラントと従来の治療の特徴を比較すると、下記のようになります。

歯が一本抜けた場合の治療の比較従来の治療とインプラントの比較
●従来の治療→周りの健康な歯を削ってブリッジにします

●インプラントでの治療→健康な歯をまったく削ることなく、歯のない部分にインプラントを入れます

歯が数本抜けた場合の治療の比較従来の治療とインプラントの比較
●従来の治療→入れ歯を固定するための針金が、見た目にも機能的にも不快です

●インプラントでの治療→針金付きの入れ歯ではなく、歯のない部分に適切な数のインプラントを入れ、固定式の人口歯を取り付けます

歯が全部抜けた場合の治療の比較従来の治療とインプラントの比較
●従来の治療→入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛かったりします

●インプラントでの治療→数本のインプラントを入れて、入れ歯の固定源となる維持装置を取り付けます

<インプラント治療の利点>
・取り外し式の入れ歯ではなく、固定式の入れ歯を入れることが出来る
・取り外し式の入れ歯の場合でも、インプラント上にしっかりと固定出来る
・天然の歯とほとんど同じ感覚で噛める
・自然な外観や表情を取り戻すことが出来るので、人前での使用も気にならない
・噛む機能が回復することで食べ物の制限がなくなり、バランスの良い食事が楽しめる

【当院の特徴】信頼性が高く、外科処置の回数が少ないインプラントシステムを採用

ストローマンインプラント当院では、数あるインプラント治療法の中から、患者さまへの負担が少ない(治療期間が短く、外科的処置の回数が少ない) ITI(ストローマン)インプラントシステムを採用しております。

<ITIインプラントシステムのメリット>
・外科的処置の回数が少ない(1回で済む)ため、負担が少ない
・比較的、治療期間が短い
・世界中で40年近くの長期間にわたって使用されており、多くの臨床結果が出ている

●ITIインプラントシステムとは?
ストローマンインプラントシステムとは、1974年にストローマン社によって開発された長い歴史と多くの治療実績を持つインプラントです。現在、世界40ヶ国以上で使われており、日本国内でも最大のシェアを持つ、信頼性の高いインプラントと言えます。

インプラント治療の流れ

当院では、手術が1回で済む、最新のITIインプラントを治療に使用していますので、治療の流れは以下のようになります。

STEP1 診断と治療計画インプラント治療の流れ
レントゲンなどによって十分な診断後、インプラント治療に関する説明を受けます。インプラント治療は専門のトレーニングを受けた歯科医師のみが行います。

次へ

STEP2 インプラント手術インプラント治療の流れ
チタン製の小さなネジのような形状のインプラントを、局所麻酔であごの骨の中に埋め込みます。

次へ

STEP3 インプラントと骨の結合を待つインプラント治療の流れ
インプラントが周囲の骨と結合して安定するまで、約6~24週間待ちます。この期間は、定期的に検診を行って状態をチェックします。また、生活に支障がないように、インプラントの上に仮歯を入れておくのが一般的です。

次へ

STEP4 ヘッド(人工歯)の装着インプラント治療の流れ
当院で採用しているITIインプラントは、このステップで、埋め込んだインプラントにヘッド(人工歯)を取り付けることが出来ます。

※手術2回式のインプラントの場合は、この段階で再度、インプラントの頭を出すための手術が必要です。

インプラント埋入手術に伴う不自由さや痛みの程度、及びその継続期間は、臼歯の抜歯と同じくらいと考えていただければイメージできると思います。また、インプラント治療終了後は、正しい歯みがきによるホームケアと半年に一度の定期検診を心がけましょう。

歯科用CTによりリスクを回避したインプラント治療が行える

CTとは、三次元的(立体的)にレントゲン撮影ができる装置のことです。CTでの撮影を行うことにより、骨の状態や神経の位置を確実に把握することが可能となります。

これまでのインプラント治療では、歯科医の持つ経験や勘を頼りに行われていました。インプラント治療においてのリスクをできるだけ少なくするためには、事前に、より正確に治療部位の状態の把握できることがとても大切になります。従来のレントゲンでは見えなかったこと、解らなかった事が、CT撮影により正確に診査診断ができ、インプラント治療のクオリティーを飛躍的に高めることができます。

現在では、世界的に見ても、手術の前にCT撮影を行うことは必須となっております。

CT撮影でなにができるのか
1. 骨の厚みや高さが正確にわかる
2. 神経までの距離が正確にわかる
3. 骨の傾き、くぼみ、空洞の把握
4. インプラントを入れる位置、方向の三次元シュミレーションが出来る
5. メスで開く範囲が小さくできる(患者様の負担軽減に)
6. サージカルステントを利用した、より正確な再現性をもった手術が可能

※CTを活用することによって、より安全に、確実に、適正なサイズのインプラント埋入が可能となります。

インプラントに装着する人工歯の種類と装着方法

インプラントの上に人工歯を装着するには、大きく分けて下記の3種類の方法があります。

インプラントに完全に固定する方法インプラント治療の流れ
セラミックなどで制作した人工歯を、インプラントのヘッドにセメントを用いて接着する。

利点:よく噛める。ネジ穴がないので見た目がきれい
欠点:歯が欠けるなどのトラブルが起きた際は、上部構造を壊してしまわないと取り外せない(インプラント本体には影響ありません)

インプラントの上にネジで固定する方法
インプラントのヘッドと人工歯をネジで固定する。

利点:定期検診などの時に歯科医院で外してもらい、インプラントと歯肉の境目をクリーニングして清潔にすることが出来る
欠点:ネジ穴が見えてしまう場合がある

インプラントを土台として入れ歯を装着する方法インプラント治療の流れ
インプラントのヘッドに棒状または球状の維持装置を取り付け、それを土台として入れ歯を固定する。

※従来の入れ歯の替わりになりますが、入れ歯がズレることがなく、よりしっかりと土台に固定されます。

利点:1本ずつ歯を固定するより安価
欠点:毎日取り外してきれいに洗浄しなければならない

メンテナンスでインプラントを長持ちさせる

インプラントインプラントに人工歯が装着された時点で、治療は一応終了です。しかし、大切なのはその後です。インプラントを長期に渡って機能させるためには、しっかりとしたメンテナンスを心がけてください。

最も重要なホームケアは、言うまでもなく歯みがきです。「食べたらすぐにみがく」を心がけ、毎日念入りに、指導された正しいブラッシングを行いましょう。

そして、医師の指示に従って、必ず定期的に検診を受けましょう。インプラントには神経がありませんので、例えば細菌に感染したとしても、初期段階で自覚するのは難しいでしょう。グラグラ動いたり、膿が出るようになってから気付いたのでは手遅れです。

検診では、インプラントの状態、歯肉の状態、噛み合わせのバランスなどをチェックするとともに、専門家(歯科衛生士)による歯のお手入れも行いますので、さまざまな病気の予防にもなります。

また、定期検診を受けるときは、インプラントを入れた歯科医に診てもらうのがベストです。あなたのインプラントのこと、骨の状態、歯肉の状態、お口の中全体のことなど、インプラント手術を通じての情報は、治療を行った医師が一番分かっているからです。

インプラントの費用と医療費控除について

インプラント残念ながら、インプラントには保険が適用されませんので、自費診療になりますが、当院では、出来るだけ適切な価格で治療を受けていただけるよう、配慮しています。

インプラントの治療費の目安は、診療価格のご案内のページに記載してありますが、治療をご希望の方は気兼ねすることなく、価格や治療内容について医師にお尋ねください。出来る限り分かりやすく、ご説明させていただきます。

また、保険診療が効かないため、インプラントの治療費は、他の治療に比べると高額になりますが、一定額以上の歯科治療費は、国による医療費控除制度の対象になります。対象になる方は、この制度をご利用になることをお勧めいたします。

費用について
医療費控除について


トップへ » 当院の治療メニュー » インプラント


PAGE TOP